はせがわしおんの癒されたい。

コーヒーを片手にまったりと読めるような、暮らしのブログ。

MENU

わたしがスターバックスで働く理由。

Written by:Shion あとで読む

スポンサーリンク

 

最近はブログ界でも、『雇われる』ということに対して警鐘を鳴らすような発言をちらほらと見かけるようになりました。

 

わたしも基本的には、“雇われている環境で何も考えずに頼まれた仕事をただ淡々とこなすだけ” という生き方をしているなんて、もったいない!という考えです。

だから、ちょっと過激なオピニオンが飛び交っていると「おお、いいぞもっとやれ!」って思ってます(他人事)。

 

それに、そのような意見が出てくるということは『将来はまだ明るいな〜』と感じるし、それらをきっかけにして、よりよい生き方を模索する人がもっともっと増えていくことを願っています。

 

f:id:shion_fika:20161226231936j:plain

 

ですが、『雇われる』環境に身を置いていても、誇りをもって楽しみながらいきいきと働いているのなら、それはむしろ素晴らしいことではないでしょうか?

それは『現状に満足して、漫然と働く』こととは、全く違うからです。

 

実際にわたしも、事務所に所属させてもらって芸能活動をしているし、アルバイトもしています。ですが、これらは嫌々やっているわけでも、ましてや思考停止させているわけでもありません。むしろ喜んで『雇われて』いるのです。

なんかドMな発言みたいになっちゃいますが・・・。

 

今の自分にとって、その環境で得られる経験がたくさんあると判断してのことです。

 

 

たとえば、スターバックスでのアルバイト

 

アルバイト自体は今までにいくつも経験してきましたが(といってもカフェやブライダルの系統ばかりですが)心の底から「楽しい!」と感じられ、活力をもたらしてくれるアルバイトは、はじめてでした。

 

『アルバイトが楽しいとか、ふざけてんの?』などと思われるかもしれませんが、嘘でもなんでもありません。ほんとに楽しんで働いているし、スターバックスはそう思わせてくれるだけの環境がめちゃくちゃ整っています

 

この記事が、今現在アルバイトをしている学生の皆さんだけでなく、働くすべてのひとに『雇われるとは?』『働くとは?』ということについて、改めて考えるきっかけになればと思います。

 

 わたしがスターバックスで働く理由

    目次

 

 

あたりまえのことを、あたりまえにやる企業だから

 

スタバが最強だなと思うところは、誰もが『正しいことを実行できる』という風通しのよさ

 

たとえば一つの店舗で何かトラブルが発生したとき、お客さまに最大限のフォローをすることはもちろんですが、即座にトラブルに対する解決策が全店舗に共有されます。

 

また、従業員(スタバではパートナーという)が『これはやりづらいな』と感じることがあったら、従業員ノートに「こうしてみたらどうでしょうか?」と気軽に書き込めるようになっており、すぐに検討してもらうことができるのです。

 

スタバで働き始めてすぐに『ウェブ上や従業員ノートで毎日チェックするべき情報がいつも多いし、なおかつ更新スピードも速いよなあ・・・』と感じたのですが、そういうことなのか〜!と納得しました。

 

 

そして、これは個人的にとっても嬉しい取り組みなのですが、スタバは分煙を徹底しているのです・・・!声を扱う仕事をする自分にとって、大変ありがたいこと。

 

 

 

これらはすべて “あたりまえ” のことかもしれませんが、小さな声にも耳を傾けようとする企業の姿勢に共感しているパートナーが集まっているので、働いていて『言いづらい』とか『やりづらい』といったことが一切ありません。

これって、すごくないですか?

 

 

多様性を受け入れているから

 

性的マイノリティ(LGBT)や身体上に不自由があるひとにも、また女性のキャリアについても、とっても寛容なスターバックス。

 

多少の困難があってもパートナーとして働くことが可能だったり、一度スタバを辞めた場合でも復帰しやすいキャリア制度があったりします。

これはパートナー同士で助け合っていける環境が整っているからこそ、実現できることなんじゃないかな。

 

わたし自身、この記事でも書いているとおりマイノリティです。

 

www.shion-fika.net

 

ですが、スタバには『きっと何かあっても受け入れてくれるだろうな』という安心感があります(笑)お客さまに対しても、それは同じです。

 

 

また、スタバには『接客マニュアルがない』と聞いたことがあるかと思います。

ドリンク作成や作業に関しては決まったルーティーンがありますが、接客に関していえば、まさしく自由なんです!

 

これは、わたしの以前のバイト先での体験談ですが・・・

お客さんが席にメガネを忘れたまま帰られたことにすぐ気付いたので、追いかけていって無事に渡して戻ってきたら、先輩に「勝手に行動するな」とコテンパンに怒られたことがありました。

『ちょっとお店を出ただけなのになあ・・・』と呆然としていたら、その様子を見てくれていたお客さんが「メガネ渡せてよかったね。」とこっそりフォローしてくれたので、一瞬にしてそのおじさんに惚れたという心温まるエピソードでした(笑)

 

ルールにしばられた接客をしていても面白くないし、やりがいもありません。

だからこそ、自分なりの接客スタイルを認めてくれるスタバは、とにかく働きやすいのです。 

 

 

情熱にあふれているから

 

体育会系だという意味ではなくて、とにかくパートナーが活気に満ちているんです!

なぜだと思いますか?

 

その理由のひとつは、スターバックスには『パートナーを大切にする』という考えが根付いているからです。

 

忙しくてもちゃんと休憩がとれるのはもちろんですが、同じ作業を長時間やらせたり、体調が悪くても無理に働かせたり・・・といったこともありません。そして、シフトに入る前には必ず、シフトを管理してくれているパートナーと一緒にその日の体調や目標を確認するのです。

 

また、スタバには『GABカード』と呼ばれる独自の制度があり、「あなたのここが良かったよ!」ということをカードに書いて、パートナーに渡すという習慣があります。

実際にカードをもらえたときには、ほんとニヤニヤしちゃうほど嬉しいですよ(笑)

GABカードは、お互いに仕事に対する意欲を高め合うことができますし、『自分のこんなところが評価されたんだな』ということを客観的に知るきっかけにもなります。

 

それから福利厚生もしっかりしていて、シフトの前後や休憩中に好きなドリンクが飲めるのも素晴らしいですね!!!(わたしはこれが一番嬉しい\(^o^)/)

 

 

そして、ふたつめの理由。

『感動体験を、お客さんにもパートナーにも与えていこう』という思いが常にあり、プロモーション(期間限定の)商品や季節に合わせて、内装やボードをこまめに更新したり、お祝いしたりするんです!

 

 

実はときどき、お店ごとにテイスティング(コーヒーとフードの試食)などのイベントを開いたりもしているんですが、知ってましたか?

 

このように、いろんな変化があるとパートナー側も楽しいわけです。

今年の年始だって、『ボードはどんなデザインになってるかな?』『福袋売れたかな?』『年始でも常連さんは来るかな?』などとあれこれ考えて、ワクワクしながら出勤しましたからね ♪( ´▽`)

 

 

人として成長できる環境が整っているから

 

 

わたしの好きなスターバックスの企業理念に、『人間らしく成長する』という言葉があります。この部分に強く共感して、わたしはスタバで働きたい!と思ったのでした。そういえば(笑)

 

スタバで働いていると、コミュニケーションの大切さや難しさを日々痛感します。

(今までのアルバイトは接客に集中できないことで悩んでいました・・・)

 

人と人とのつながりというのは、そう簡単に築いていけるものではありませんよね。

お客さまもパートナーも、いろんな思いを抱えてせわしなく生きています。

 

どんな状況だとしても最大限に喜んでもらうためには、独りよがりの押し付けではなく、自分から積極的に察しにいき、考え、関わっていくしかありません。

そして、それを実行する勇気も必要です。

 

ただ作業するだけなら、極論を言えばコンピューターでもロボットでもいいわけです。

でも、わたしはどんな仕事においても『人間にしかできない』価値というのをどうにか生み出していきたいと常々思っているので、まだまだ頭を働かせて人と関わりながら、いろんなことを吸収していきたい・・・!

 

それを追求するにあたって、スターバックスは最高の職場だと思っています。

わたしと同じようにスターバックスの理念や姿勢に共感し、それを実現するために頑張っている前向きなパートナーがたくさん働いているからです。

 

『人間らしく』成長していける環境がここまで用意されているところは、ほとんどないのではないでしょうか?しかも全国規模ですからね。いやはや、すごいです(^^;;

 

f:id:shion_fika:20161226232413j:plain

 

まとめ

 

わたしは人間というものが大好きで、接客が好きで、コーヒーも好きで、働くことも好きです。さらにいうと、ちょっとしたサプライズも好き。

だから、スターバックスで働いていて毎回めちゃくちゃ楽しいです

アルバイトを探しているひとには、スタバを心からおすすめします。時給は安いけどね。

 

それから、『本業ちゃんとやれ』みたいな風潮って未だにありますが、わたしはそんなの馬鹿馬鹿しいし、どうでもいいと思っています。

だって、わたしがいろんなことをやることで一ミリも迷惑をかけないですからね!

 

今は自分が楽しいと感じることを、たくさん経験していきたいです。

自分の直感を信じることは、感性を磨くことにもつながると思うので。

というわけで、お立ち寄りの際はぜひスタバに遊びにいらしてくださいませ〜!

 

それではっ ♪( ´▽`)