読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はせがわしおんの癒されたい。

コーヒーを片手にまったりと読めるような、暮らしのブログ。

MENU

現役スタバ店員がオススメする、コーヒーとフードの食べ合わせ5選(フードペアリング)。

Written by:Shion あとで読む

スポンサーリンク

 
 
一昨日、このような記事をバリバリと書いているうちに・・・
 
これからもスタバに関するお役立ちネタを発信して、スタバをもっともっと身近に感じてもらいたい・・・!という欲が出てきました。
 
ということで、今回はスターバックスのコーヒーとフードについて簡単に掘り下げ、相性のいい食べ合わせ(フードペアリング)を提案させていただきますよ〜!
 
 
『スターバックスにはよく行くけど、コーヒーの種類とか、味の違いとか、正直よくわからないんだよね』
『フードがたくさん並んでるのは知ってるけど、どれにすればいいのか迷っちゃって、結局いつも決まったものを頼んでるんだよね』
 
というあなたにこそ、ぜひ読んでいただきたい内容です!
 
 

フードペアリングとは?

スターバックスでは、フードと相性のいいコーヒーを選ぶこと、それぞれの美味しさを引き立て合うコーヒーとフードの関係のことを、フードペアリングといいます。

 

 

スタバのフードって、結構甘くありませんか?

 

 

あれにはちゃんとした理由があるんです。

実は、ドリップコーヒーと合わせて食べたときに『ベストな美味しさ』になるように、わざと甘めにつくられているんですよ〜!

 

せっかくなら、いつも飲んでいるドリップコーヒーと相性のいいフード、知りたくないですか?

 

『相性が良いとか悪いとか、そんなの本当にわかるの・・・?』

と思うかもしれませんが、コーヒーの特徴や味わいを知ったうえでフードペアリングを試してみると、まさに『ぴったり』だという感覚がちゃんと体感できますので、ご安心ください \\\ ( 'ω' ) ///

 

 

  目次 

 

まずはこの5種類から挑戦してみよう 

 

スターバックスの定番商品としていつも売られているコーヒーは、全部で16種類あります。その中でも、気軽に試していただきたい!と思って選んだのが、こちらのラインナップ。

 

  1. ライトノートブレンド(LIGHTNOTE BLEND)
  2. コロンビア(COLOMBIA)
  3. パイクプレイスロースト(PIKE PLACE ROAST)
  4. カフェベロナ(CAFFE VERONA)
  5. イタリアンロースト(ITALIAN ROAST)

 

なぜこの5種類にしたのかといいますと、『家でもスタバのコーヒーを手軽に楽しめるように』と開発された2つの商品、オリガミヴィアで楽しめるのが、この5種類なんです!!

 

  • スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー(STARBUCKS ORIGAMI  PERSONAL DRIP COFFEE)

→お店と同じ、高品質のアラビカ種を使ったドリップタイプのコーヒー。

特別な器具も必要なく、コーヒーを丁寧に淹れるプロセスも楽しめるのが最大の長所ですね!

 

 

・ライトノートブレンド
・パイクプレイスロースト
・カフェベロナ
 
この3種類が定番のアソートになっています。
 
 
  • スターバックス ヴィア コーヒーエッセンス(STARBUCKS VIA COFFEE ESSENCE)

→このヴィアは、ただのスティックタイプのコーヒーではありません・・・。

よくある市販のスティックは出来上がった状態のコーヒーを粉末にしていますが、この商品はスタバが独自に編み出した加工法によってコーヒー豆を溶かして飲めるようにしたもの!いつでもどこでも、本格的なコーヒーを楽しめちゃう優れものです♬

 

・コロンビア

・パイクプレイスロースト

・イタリアンロースト

 

ヴィアはこの3種類。

 

 

・・・ということで、この5種類ならフードを持ち帰りにしても、家でも簡単にペアリングを楽しむことができるでしょう!やったね!

 

 

 

自分の好みのコーヒーを知ろう

 

スターバックスでは、焙煎ローストレベルを3つに分けています。

なぜかというと、コーヒー豆の挽き具合によって、コーヒーの味が変わってくるからなんです。

 

ブロンドロースト(浅い焙煎・・・すっきりとした味わい)
ミディアムロースト(ほどよい焙煎・・・まろやかな味わい)
ダークロースト(深い焙煎・・・しっかりとした力強い味わい)
 
これをざっくり知っておけば、あなたの好みの味わいのコーヒーを、すぐに見つけることができるんですよ(*^^*)

 

 

→たとえば、わたしは酸味が苦手で、苦味がしっかりあるコーヒーが好き。

だから、深い焙煎でしっかりとしたコクの感じられる、ダークローストから選ぶことが多いです。今回選んだ5種類の中では、4.カフェベロナ5.イタリアンロースト のふたつがダークローストのコーヒーです。

 

逆に、苦いのは嫌で、さっぱりした爽やかなコーヒーがいいなあというひとには、ブロンドローストをオススメします。5種類の中でいくと、 1.ライトノートブレンド がこれに当たります。

 

とくに決まったこだわりがなく、どんなシーンでも飲みやすいコーヒーがいいというひとは、やはり種類豊富なミディアムローストから選んでいきましょう!

5種類の中では、2.パイクプレイスロースト3.コロンビア になります。

 

 

 

コーヒーの味わいを感じてみよう

 

コーヒーの味といっても、知識がないとよくわからないですよね(^^;;

ですが、味わいの特徴を感じるための4つのキーワードをおさえておけば大丈夫です!

 

  • 香り(コーヒーのにおい)
  • コク(苦味)
  • 酸味(すっぱさ)
  • 風味(全体的な味わい)

 

この4つのキーワードをもとに、実際にコーヒーを味わってみましょう。

  1. 香りをかぐ
  2. すすってのむ(すすることで香りや味わいが広がります)
  3. 舌の上で転がしながら味わう

このように味わうことで、コーヒーの特徴をつかんだり違いを理解したりすることができるようになっていきます。ぜひ試してみてください!

 

 

5種類のコーヒーの特徴を知ろう

 

さて、先ほど選んだ5種類の特徴を4つのキーワードを使ってさっくりまとめておきました。実際にコーヒーを味わうのに、ぜひ参考にしていただければと思います。

これはあくまでもわたしが飲んでみた感想なので、あなたにとってはまた違った味わいがあるかもしれません!

 

 

1.ライトノートブレンド

 朝から飲みたい、爽やかな酸味が特徴的なコーヒーです。

さっぱりした味わいが好みなひとに、とってもおすすめ!

 

ローストレベル・・・ブロンドロースト(すっきり)

 

香り・・・ナッツのような香りがほのかに感じられます。

コク・・・うすめで穏やかな印象です。

酸味・・・ほどよく酸味が強調されます。

風味・・・軽くてなめらかな口当たりで、後味にもナッツ感が残ります。

 

相性のよい風味・・・ミルクチョコレート、煎ったナッツ

 

 

2.コロンビア
 アンデス山脈の高地で育てられたコーヒー豆。
大地を感じるような広がる味わいを楽しめちゃいます!
 
ローストレベル・・・ミディアムロースト(ほどよい)
 
香り・・・香り高いジューシーさが印象的です。
コク・・・舌全体にコクが広がります。
酸味・・・主張しすぎず、ちょうどいいです。
風味・・・ジューシーな風味が舌全体に広がります。
 
相性のよい風味・・・ピーカンナッツ、ミルクチョコレート
 
 
3.パイクプレイスロースト
 スタバの定番かつ根強い人気を誇るコーヒーです。
クセがないので、毎日飲めちゃいますよ♬
 
ローストレベル・・・ミディアムロースト(ほどよい)
 
香り・・・ココアやナッツのような香りです。
コク・・・舌の中央あたりに苦味を感じます。
酸味・・・ほどよく全体に感じられます。
風味・・・バランスのとれたなめらかな口当たりです。
 
相性のよい風味・・・シナモン、ナッツ、チョコレート
 
 
4.カフェベロナ

 『ロミオとジュリエット』の舞台となっている街、ヴェローナが由来だとされるロマンチックで情熱的なコーヒー!実はわたしの一番好きなコーヒーでもあります(^-^)/

 

ローストレベル・・・ダークロースト(しっかり)

 

香り・・・ココアのような甘い香りがします。
コク(苦味)・・・力強く、ダークチョコのような味わいです。
酸味・・・酸味はうすく感じられます。

風味・・・ローストされたような深みとほのかな甘みを楽しめます。

 

相性のよい風味・・・ミルクチョコレート、ダークチョコレート、カラメル

 

 

5.イタリアンロースト

 アイスコーヒーにして飲んでもがつんとした味わいが残るコーヒー。

苦味も感じますがロースト感のほうが強くて印象的です。

 

ローストレベル・・・ダークロースト(しっかり)

 

香り・・・スモーキーでリッチな香りが広がります。
コク・・・少し深めに焙煎されたコクを味わえます。
酸味・・・苦味が強いためほとんど感じられません(笑)

風味・・・深いロースト感とほのかな甘みを味わえます。

 

相性のよい風味・・・ダークチョコレート、カラメル、スパイス

 

 

 

わたしがオススメする最強のフードペアリング

 

現在、スターバックスで実際に売られているフードをもとに考えてみました。

今の時期におすすめのフードペアリングなので、すぐにお店へ行って試すことができますよ ♪( ´▽`)

わたしがオススメする、コーヒーとフードの食べ合わせはこちら!

 

 

1.ライトノートブレンド × シフォンケーキ

ライトノートブレンドはとにかく口当たりが軽くて、さらっと飲めるという点が売りだと思います。なので、フードも軽い食感のシフォンケーキを選んでみました。爽やかな相性のペアリングです!

(ちなみに、朝食らしいフード・・・たとえばキッシュやサンドイッチなども、ライトノートブレンドと相性バッチリなので、ぜひお試しあれ!)

 

 

2.コロンビア × ホワイトチョコレートマカダミアクッキー
 コロンビアといえば、ナッツ系の香りがふわっと連想されます。
マカダミアクッキーを温めてから、一緒にサクッと食べてみてください!全体的に広がる風味がたまらないペアリングです!

 

 
3.パイクプレイスロースト × シナモンロール
 日常に溶け込むような、クセのないパイクプレイスロースト。まろやかなコーヒーなので、ちょっとどっしりめのシナモンロールとも喧嘩しません!シナモンの香りがマッチしたペアリングです!
ドーナツなどのプレーンなフードとも気軽に合わせて食べて欲しいですね♬)
 
 
 
4.カフェベロナ × ザッハトルテ
 ベロナといったらチョコレート一択というくらい(ほんとに!)チョコレートと相性抜群なコーヒーなので、季節限定のザッハトルテを選んでみました。
この最強なペアリングは、ぜひホイップを添えてお試しあれ!
 

 

 

5.イタリアンロースト × チョコレートプリン

 今話題のスタバのチョコレートプリンに、意外とマッチするのがこのコーヒー!ダークチョコやカラメルの風味があるイタリアンローストとのペアリングは、濃厚で深みのある味わいを楽しめちゃいますよ♬

(その他、アップルパイなどのフルーツ系フードとも相性がいいので、わたしの大好きな石窯フィローネの、ベーコン&アップルマスタードなんかもおすすめです!)

 

 

 

まとめ

 

コーヒーは、飲む時間帯その日の体調によっても、味の感じ方が変わってくるので奥が深い飲みものだなあとおもいます。

(たとえば、寝起きだと舌が敏感なので苦く感じやすかったり。)

 

ですが、今回ご紹介させていただいた5種類は、とても飲みやすく、フードペアリングにしても挑戦しやすいスターバックスの定番的なコーヒーです!

 

 

これをきっかけに、いつものドリップコーヒーやペストリーに並んでいるフードたちを身近に感じ、いつものカフェ時間をもっともっと楽しんでもらえたら嬉しい限りです d(^_^o)

 

 

 

それではっ!