読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はせがわしおんの癒されたい。

コーヒーを片手にまったりと読めるような、暮らしのブログ。

MENU

スタバで “ディカフェ” ラテを飲もう!カフェインレスコーヒーのメリットとは。

Written by:Shion あとで読む

スポンサーリンク

 
 
スターバックスと同じ、米シアトル系列のタリーズでは、一足先に“ディカフェ(カフェインレス)” のメニューを充実させたことで巷の反響をよび、最近テレビにも取り上げられたと聞きました。
 
 
スターバックスでも、ついに1/11からディカフェがカスタマイズできるようになったんです♪ヽ(´▽`)/
 
 
知ってましたか?
 


  

簡単にいうと、
『いつも飲んでいるスターバックスのラテやモカやキャラメルマキアートを、カフェインレス(カフェイン少なめ)で頼めるようになったよ!』
ということです。
 
 
 
いやー、まさにディカフェ革命!!!
 
 
 
ディカフェがより身近になったことは個人的にもめちゃくちゃ嬉しいニュースで、未だに盛り上がっております!
お客さんがディカフェを頼むと、『うぇーい!You最高かよ\(^o^)/』ってなりますもん。頭沸いてんのかよ。
 
 
そんなわけで、是非あなたにもディカフェを注文してもらいたいのです!
そのために、今回はディカフェ(カフェインレス)を選ぶメリットについて書くことにしました。
 
 
『ディカフェって単語から、むつかしい・・・』
というひとは必見です(笑)
 
 
 目次
 

ディカフェの何がすごいの?

 

いつもの味わいはそのままに

 

コーヒー豆からカフェインだけを除去するというのはとても難しく、味も変わってしまいやすいものなのだそうです。
 
でも今回のディカフェは、化学物質をつかわない抽出法によって、いつもの味わいを実現しています!
コーヒーの香りや風味はそのままに、ディカフェを楽しめるようになったということですね(*^-^*)
 
 
※ちなみに、コーヒーの味わいについては以下の記事で詳しく書いてます。
 
 
スターバックスでは、新たに2種類のディカフェ豆が登場しました!
 
  • ディカフェ エスプレッソロースト

→ラテやモカなどの、エスプレッソショットでつくるドリンクに合うディカフェ豆

(※店舗専用の機械でエスプレッソショットを抽出しているため、一般販売はしていません。)

 

  • ディカフェ ハウスブレンド

→ドリップコーヒーに合うディカフェ豆

 
このふたつの登場によって、ディカフェの選択肢がぐんと広がりました。
 
 
わたしも、通常のものとディカフェとを飲み比べてみましたよ\(^^)/
ディカフェでも、ちゃんと豆本来の特徴が残っています!
普通のものよりもさっぱりとした印象がありますが、後味にクセがないのでむしろ飲みやすい!カスタマイズしやすい!
 
自信をもっておすすめできる美味しいディカフェになっていて、わたしも嬉しかったです♪
 
 
 
未開拓なディカフェ市場に切り込んだ
 
そもそも日本では、ディカフェ(カフェインレス)がまだそれほど浸透していません。
 
あなたも、あまり聞き馴染みはないのではないでしょうか?
 
そんなわけで、ディカフェのメニューを出しているお店自体とても少ないのが現状です。
 
 
ディカフェを頼むひとも少ないため、注文を受けてからわざわざディカフェの豆を挽いて抽出しなければならず、提供するまでに時間もかかってしまいます。
 
ディカフェのコーヒーを頼んだことがあるひとは分かるかもしれませんが・・・
 
 

客『カフェインが入っていないコーヒーってありますか?』

店員『はい、ございます。ただいまから抽出させていただくので、お時間7~8分程度いただきますがよろしいですか?』

客『あ〜、そうなんだ・・・やっぱりやめます』

 
 
今までは、こんな感じの会話が少なからずありました。
ディカフェ=時間がかかる、注文するのが面倒くさいというイメージを持っていたひともいるかもしれません。
 
 
でも、これからは大丈夫!!!
 
 
カスタマイズのひとつとして、気軽にディカフェを選べるようになったのですから!やったね!
 
わたしがディカフェ革命だと騒いでいるのは、日本の未開拓なディカフェ市場に切り込み、そのようなハードルを少しでも下げることができると思ったからなんです\(^^)/
 
 
 
全国展開のスタバで手軽に楽しめる!

 

世界最大規模のコーヒーチェーンであろうスターバックスで、誰もが手軽にディカフェを楽しめるようになる・・・
とても素晴らしいことですね!
 
実は、スタバ側はというと『ディカフェはサブの話で、メインはあくまでもバナナだから!これからもバナナ推してくよ〜!』とかのんきに仰っているのですが(※比喩)
 
わたしとしては、ディカフェ革命のほうが重大ニュースであるような・・・。
だから居ても立ってもいられず、この記事を書いているわけであります。
 
 
ま、バナナもおすすめなんですけどね?
 
 
これまで『ディカフェ?なにそれ美味しいの?』状態だったひとにも、シーンに合わせて気軽にディカフェをカスタマイズしてもらいたいですね(^-^)/
 
 
 

ディカフェにするメリットは?

 
『うーん、スゴいっぽいのは何となく伝わったけど・・・
わざわざディカフェにするメリットってあるの?』
 
と思ったあなたに、ディカフェのメリットを教えてさしあげましょう!!!
 
 
こんなひとにおすすめ

 

ふだんはソイラテなどを好むひと

→牛乳よりも豆乳のほうが身体に合っているから、いつもソイラテなどを飲んでるよ~というあなたに、身体に優しいカフェインレスはぜひ試してほしいです!
シーンによってカフェインを調節できるので、健康志向なひとにとってもおすすめなんですよ♪
 
夜、お酒を楽しんだあとにコーヒーを飲んで帰りたいひと
→夜にコーヒーを飲むと眠れなくなるひとや、お酒のあとにカフェインの入ったコーヒーは重たいなぁ・・・と感じていたひとに、ディカフェという選択肢があるのは嬉しいはず!時間帯によってカフェインを抑えられるというのは大きなメリットではないでしょうか?
 
体質や妊娠などの理由でカフェインが気になるひと
→カフェインの入っているコーヒーを遠慮してきたひとにも、ディカフェのカスタマイズはとても好評です。今日も何人か妊婦さんがディカフェを頼んでいってくれましたよー!安心して好きなドリンクを飲めるというのは嬉しいですよね♪
 
一日に何杯もコーヒーを飲むひと
ポリフェノールが含まれているコーヒーは健康にも良いと言われていますが、カフェインの摂りすぎはどうしても身体に負担をかけてしまいます。普段からたくさんコーヒーを飲んでいるコーヒー好きなあなたにこそ、ディカフェはおすすめなんですよ!!
 
 
 
注意点

 

ディカフェというと、たまに『全くカフェインが入っていないんですか?』と聞かれることがありますが、除去率は99%以上、100%未満です。スタバではカフェインレス=カフェインが少ないという定義になっていますね。体質的にカフェインが気になるひとは、他のお店でもカフェインレスの基準を確認してから試してみることをおすすめします!
 
また、スタバではディカフェへの変更は +50円です。今まではディカフェのドリップコーヒーを頼んでも通常のものと値段が同じだったのですが、新しい種類のディカフェ豆の登場に伴って、ディカフェのドリップコーヒーも+50円をいただくことになりました。その点はご了承くださいませ!
 
 
 

まとめ

 
いかがでしょうか?
 
その日の気分でディカフェを気軽にカスタマイズできるようになると、コーヒーブレイクがもっと楽しいものになるはず ♪ヽ(´▽`)/
 
わたしもディカフェがカスタマイズできるようになってから、気兼ねなく飲みたいコーヒーを頼めるようになりました!
ディカフェのドリップコーヒーもめっちゃ飲んでるし、ディカフェのキャラメルマキアートとかめっちゃ頼んでますね(笑)
 
 
あなたの好きなドリンクも、ディカフェのバージョンで是非お試しあれ~!!!
 
 
 
それではっ☆